激アツ!東海地区国立大学対抗戦!!その1

 6月18日、ウェーブスタジアム刈谷にて第65回東海地区国立大学対抗選手権が行われました。

 この大会は多くの一年生にとって大学デビュー戦であり、代表選手は1年生が中心です。

果たして上級生を脅かすような記録はでたのか…!?今回は1年生をメインに大会の様子をお送りします。

梅雨時とは思えぬ晴れ間に恵まれましたが、
最高気温33度の真夏日。選手にとってはつらい天候でした。
 トップバターの1年生は男子5000mに出場の和田(教1)。
縦長のレース展開に苦しみながらもくらいつきます。
 同5000mには長距離の重鎮2人も出場。
露口(工3・中央)は優勝、田中(理M1・左)は3位入賞!
男子走高跳に出場の立花(教4)、まだまだ現役!!
 女子3000mに出場の土屋(教1)。
果敢に集団に食らいつきます。
 鈴木(教1)。前方の集団を追います。
投擲種目フルエントリーの金森(地1)。強い。  構える桜木(理1)。なんと向かい風ながら自己ベスト更新!
今後の成長が恐い楽しみですね!
 ナイススタートの鈴木(教1)。こちらも自己ベスト更新。
静大短距離ブロックは今後も安泰か…?
 こちらもベスト!…とはいかなかった安田(工1)。
焦らず後半シーズンでの爆発に期待です。
 女子800mの矢崎(工1)。まだまだ本調子とはいかずとも
攻めのレースを見せてくれました。
 男子800mに出場の村田(教1)。軽い熱中症に
見舞われ本領発揮ならず…。
 練習での実力を見る限りポテンシャルは高い
 女子走高跳の加藤(地1)は見事3位入賞!
これ以外にもいろんな種目に出場してました…お疲れ!
 男子200m予選に出場の安藤(工1)
地元・刈谷でのデビューレース!
 円盤・砲丸・ハンマー投げに出場した渡辺(農1)
あれ?専門なんでしたっけ…??
 幅・三段と跳びに跳びまくっ増田(理1)

その2へつづく

2016年06月19日